お知らせ

2021.02.13

墓じまいの第一歩は・・・

こんにちは。
仙臺納骨堂スタッフの渡邉です。

 
 
コロナ禍により、
県をまたいで遠方へのお墓参りへ行くことや、
お墓の管理そのものが難しくなり、
【墓じまい】を検討される方が
最近ではより多くなってきたように感じます。

 
 
【墓じまい】は
 
故人を偲ぶ大切なご供養のひとつだからなのでしょうか。
 
 
詳しくはコチラをご覧ください↓↓
『お墓じまいをして、より深まるご供養』
https://www.sendai-nokotsudo.jp/news/detail.php?id=50
 
 
以前のブログ『お墓じまいをして、より深まるご供養』で
書かせていただきましたが、
【墓じまい】をされて、

『お墓までの距離が近くなったことで
お参りに行く頻度が増えて、

よりご先祖さまを身近に感じるようになった』

という方が増えているようです!
 
 
しかしながら
【墓じまい】を行うには、
手続きを一つ一つおこなっていく必要があるため
今日スタートして、明日完了とは行かないものなのです(*_*;

 
 
そこで、今回は
【墓じまい】の第一歩についてお話ししたいと思います☺

 
 

 
 
 ①新しいお墓の選定
【墓じまい】をされたあとに納骨する新しいお墓を決めます。 
自宅に近い新たな土地にお墓を建立する、
永代供養塔、散骨や納骨堂など、
現在ではご供養の選択肢がとても豊富になりました。
しっかり現地へ足を運び、
お墓までのアクセスや、システム、予算面、そしてなにより
ご供養の方法についてもご納得のできる
それぞれのご家庭に最適なお墓選びをしていただけたら幸いです(#^^#)

 
 
 ②家族・親戚としっかり相談をする
お墓は親から子、子から孫へ代々受け継がれていく、
そのお家の象徴である、
という考え方をお持ちの方も少なくありません。。
そして、お墓は
ご先祖様や故人様を偲ぶ、家族の心のよりどころでもあります。

 
中には、
墓守(お墓の管理や維持をする人)が
親戚に相談をすること無くお墓をしまってしまい、
のちのちトラブルになってしまった!
という事例もあるそうです( ;∀;)

 
そういったことにならないよう、
事後報告ではなく
新たな墓所の供養方法なども
ご家族やご親戚としっかりご確認されて
皆さまが納得された上で
【墓じまい】を進められるとよろしいかと思います(^^)/

 
 
以上が【墓じまい】の第一歩です。
 
 
①新しいお墓の選定
②家族・親戚との相談


が済まれていますと、
実際に【墓じまい】に動き出すことが容易になります♪

 
 
ステイホームが叫ばれる今、
この機会に
【墓じまい】についてご家族皆さまで話し合うことを
はじめられてはいかがでしょうか(^^♪

 


とはいえ、
【墓じまい】は
はじめて経験される方がほとんどですから
わからないことや不安もありますよね。。

 
そして、
【墓じまい】にはさまざまな手続きがあり、
自分一人ですすめていくことはとても大変です。。(*_*;

 
 
おかげさまで、
当館は【墓じまい】後のお引越し先(供養先)として
お選びいただくことが多いため、
【墓じまい】のお手伝いをさせていただいた実績が
数多くあります(*^^)v

 
お墓ディレクターと終活カウンセラーの資格を持ったスタッフが
一から丁寧にサポートいたしますので、
ぜひ当館へお気軽にご相談ください☆彡

 
 
当館は
【JR仙石線 陸前高砂駅から徒歩5分】です。
最寄り駅から徒歩でお参りにお越しいただける希少なお墓です♪
アクセスの良さも
特にご高齢の方、車を運転されない方からご好評をいただいております(^_-)-☆

 
 
ご見学・ご相談は無料です。
ご相談いただいた方には、
【墓じまい】の流れが分かる
『墓じまいガイドブック』を進呈いたします。

 
   
こちらが『墓じまいガイドブック』です(^^♪
 



当館では、
宮城県の新型コロナウイルス感染症対策のガイドラインに従い、
感染予防対策を充分に、配慮しております。

 
お客様のご見学が重ならないよう、
ご案内させていただきますので
0120-70-5980までお電話をいただくか、
こちらよりご予約くださいませ。


 
皆さまのお問い合わせをお待ちいたしております(#^^#)

 

見学会・墓じまい相談会開催中
完全予約制

ご予約の無いお客様は対応いたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください

見学会・相談会のご予約はこちら

フリーダイヤル 0120-70-5980

ページの先頭へ